平屋か2階建てか・・・

こんばんは。atoです。

今日は「2階建て」と「平屋」について投稿したいと思います。

僕の家は価格の面から2階建てしか考えていませんでした。

※平屋は基礎工事の範囲が広くなること、屋根の面積が広くなることから高くなることが一般的

そもそも平屋のメリットがよくわかっていなかった、というより、考えたこともなかったのが本音かもしれません。

僕が考える平屋のメリットは以下の通りです。

スポンサーリンク

≪平屋のメリット≫

・階段の昇降無しで家中移動ができる

・2階は老後使用しなくなるが、平屋は全部屋老後まで使用しやすい

・掃除が楽

・勾配天井が作りやすく、ロフトスペースを作りやすい(これが大きかった気が・・・(笑))

おそらく考え方は人それぞれだと思いますが、最初に書いた通り、「建設費用が高い」という大きなデメリットは無視できません”(-“”-)”

ここで、「どこのハウスメーカーを選ぶか?」が重要になってきます。

一般的には平屋の方が高くなると書きましたが、あくまでも「一般的に」です。

例外として、2階建てにする場合キューブ状の建物で、1階と2階が同じ面積しなければならない場合、1階部分が大きくなってしまい、2階部分は3部屋程度で、面積が余ってしまうため、共有スペースや、吹き抜け、ベランダを作るしかありません。

吹き抜け等は意外と部屋にするよりは安い(半額程度)ですが、結構な施工面積になるため金額的には大きいです。

また、意外にも階段は施工面積が1階と2階でダブルカウントされ結構高いものになります。

スポンサーリンク

ato宅が契約した一条工務店の「i-smart」や「i-cube」がこれ(キューブ状の建物)に該当します。

また今度、詳しく書ければ良いと思っていますので、少しでも参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です