マイホーム資金を確保するための節約・・・意外と簡単???

こんばんは。atoです。

このブログは日本ブログ村に登録しているのですが、今日見てみると一条工務店の週間OUTランキングで第2位に!!!

1位はあの有名なyukikoさんです。まだまだ差は大きいし、おそらくPV(ページビュー)数では足元にも及んでいませんが、自分がやりたいことをやってその成果が出てきたのでまたやる気が出てきました。

ということで、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

前置きが少し長くなってしまいましたが、今日は夢のマイホームを建てるための資金を少しでも確保しやすくするためにできることを書いていきたいと思います。

『マイホームを建てるために支払わなければいけない金額』

マイホームのために必要な資金は建てる家の金額や、頭金をどれだけ入れるかによって当然違ってきますので、以前の投稿でシミュレーションした結果から話をしていきたいと思います。

シミュレーション結果はこちらから

借入総額   : 3,600万円(内、1,200万円がボーナス払い)

借入期間   : 35年

月々の払い  : 68,566円円(11年目以降は68,354円)

ボーナス払い : 193,583円(11年目以降は205,153円)

※固定金利でのシミュレーション結果

ボーナス払いを入れていますので、この結果から年間に支払う金額は

68,566円/月 × 12ヶ月 + 193,583円/回 × 2回

= 1,209,958円/年

となります。

『賃貸との差額』

賃貸の金額も地域によって大きく変わりますが、僕が住んでいる地域では家族持ちの賃貸は大体7万円/月~9万円程度ですので、間を取って8万円で話を進めていきます。

賃貸で年間に支払う金額は

8万円/月 × 12ヶ月 = 96万円

となります。

マイホームを建てるためには賃貸よりも年間に約25万円多く支払わなければなりません。

ボーナス払いを考えなければ月に2万円多く支払うことになります。これは意外と大きいですよね?

ただ、逆の発想だと『2万円節約できれば生活自体を大きく変えて今よりも我慢することなくマイホームを建てられる』と考えることが出来ます。

ここでは不動産取得税や、固定資産税については加味していませんので、実際にはその金額が乗ってきますが、税金の軽減措置や、住宅ローンの控除などもありますので当面(10年間)は取得時の不動産取得税を除けばさあ程大きな金額にはならないと思います。これについてはいろいろなサイトで説明されていますのでご確認ください。時間があればatohouseでも説明記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

『簡単に節約できること』

『簡単に節約できること』と書きましたが、誰にでも当てはまるものではありませんのでご了承ください。

ここで安くできるといいたいのは『携帯電話代』です。夫婦2台分でdocomo、au、softbankで契約している方は今だと大きく安くることが出来ます。

この3社だと2台で15,000円~18,000円程度が多いと思います。(最近出た安価プランを除く)

これを激安スマホにするだけです!

そして、激安スマホの中でも僕がイチ押ししたい(うちもまだしていないのですが冬頃に変える予定)のが『イオンモバイル』です。

イオンモバイルのHPはこちら

音声通話(10分間誰とでも無料)と4GBが付いて1台で1,922円/月です!!!

更にシェアプランだと2台で音声+8GBが付いて3,974円/月となり、8GBを使うバランスは自由ですし、3台目を追加するときは756円プラスするだけとなります。

※SMSが必要な場合151円/台・月が追加で必要になります

2台で4,000円とすると11,000~13,000円/月節約することが出来ます

格安スマホは機種が嫌という方もいると思いますが、今の機種をそのまま使用することは可能です(ただしSIMカードのフリー化は必要ですのでお使いの携帯会社のHPでやり方は確認してください)

僕がイオンモバイルを押す理由2つあります。

『いつでも解約できる』

イオンモバイルは2年契約などがなく、いつでもやめることが可能です。要するに使ってみてダメだったらすぐに戻るかほかの会社に乗り換えること出来ます。

『良い機種がある』

良い機種とは『HUAWEI P10 lite』というものです。

※写真はイオンモバイルHPより引用

『HUAWEI』というのは中国のメーカーなのですが、色々な雑誌でも取り上げられていて、評価は高いです。詳しいスペックなどはこちらを見てもらいたいのですが、このスペックで本体価格が3万円弱ですので破格です。

(これを使ってみたいというのも理由の一つかも・・・(笑))

『意外と考えていないことだけど、勝手に安くなるもの』

次に言いたいことは光熱費です。ただしこれについては僕が契約した一条工務店の家ではどれでも当てはまると思いますが、断熱性や気密性能に大きく左右されますので、一条工務店の家ではということに限定させていただきますm(_ _)m

皆さん、賃貸の家で年間に光熱費いくら払っていますか?

・・・月平均で1万円って方いますか??

夏で1万円超え、冬だと下手したら3万円に近くなる人いませんか???

一条工務店の夢発電で太陽光を付けている家は夏で5,000円~6,000円、冬で10,000~14,000円

おそらく月平均で5,000円くらい安くできるのではないでしょうか?

※この金額はインスタグラムや入居宅訪問で見た金額ですので保証されるものではありません

<h3 id=”a01″><strong>『まとめ』</strong></h3>

今回紹介した『携帯代』と『光熱費』で月に16,000~18,000円程度安くでき、節約することが出来ます。

資金計画で不安になり悩むことは多いですが、今よりも月に2万円程度であれば性能の良い家に住めば、ほとんど何も変えることなくマイホームを持てると僕は考えています。

今回のは一例にすぎませんし、誰にでも適用できることでもなく、保証されることでもありませんが、こんなこともあるかもというレベルで一度調べてみるのも良いのではないでしょうか???

『マイホーム資金を確保するための節約・・・意外と簡単じゃない?』

・・・それではまたm(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です