外構工事の契約時期と見積金額・・・施工単価を知れば交渉も出来る?

こんばんは。atoです。

今回は外構の費用について記事を書きたいと思います。

ハウスメーカーを選ぶ時には何社か見積もりを取ってから基本的には十分に納得した上で契約をします。このとき、引き渡し時期に制約が無い人や、土地をすでに持っている場合などは特に急ぐ必要もないのでゆっくりと選ぶことが出来ます。

ただし、外構工事はそうも言ってられないのが現実です。

これから外構計画をされる方や、見積中などの人は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

『外構工事』

上でも少し書きましたが、外構工事は家の設計が終わり、着手承諾をした後からようやく設計を始めます。

※流れは一条工務店の場合で記載していますので他のハウスメーカーや工務店の場合少し違うかもしれませんがご了承ください

正直着手承諾から1ヶ月以上は相手からの外構計画になるかもしれません。

・・・が、ここで注意しておかなければならないのが、(銀行によって違うかもしれませんが)工事着工前にローンの実行、もしくはつなぎ融資を実行しなければなりません。つなぎ融資の場合は問題ないと思いますが、銀行のローン実行時には借入額次第では外構工事の契約書が必要となります。

・・・うちは必要でした(;´∀`)

正直外構はまだまだ先だと思っていたので、家の設計段階でもらっていた外構の図面は気に入っていませんでしたが、特に何もすることなくほったらかしにしていました。

そんな時に契約書!!!!????

ということで、本体は一条工務店の提携以外でも検討する予定だった外構工事を一条工務店の提携業者2社の見積もりから選ぶことにしました。

ただし、こうなった状況になると選ぶにしても計画自体が若干違うので、まったく同じ土俵での比較ができません。

ですので、外構工事も家の設計段階(間取りがある程度決まった後)から検討しておいた方が良いと思います。

何の工事でも一緒ですが、施工業者によって得意・不得意がありますので当然見積金額も変わってきます。

『土間の費用はA社の方が安いけど、ブロック塀はB社のほうが安い』とおいったことが多々起きてきます。

そして、大抵の人はいくらが妥当な金額なのかもわかりません。

そこで、インターネット上から外構工事の単価を見てみることにしましょう!

今回は僕が一番初めに見つけた『グランド工房』さんの単価をベースに話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

『外構工事の施工単価』

『グランド工房』さんのHPはこちらから飛べます。

単価の例を記載すると、

『ブロック積み(CB150)』 : 8,200円/m2

※150mm幅のブロック

 

 

 

 

 

※画工は醜いので、グランド工房さんのHPからご確認ください

『車庫土間コンクリート』  : 6,700円/m2

 

 

 

 

 

このように施工単価が記載されていますので、ある程度どんなことがしたいのかと面積など数量がわかれば概算費用を自分で算出することもできますし、価格交渉のネタにも出来ると思います。

逆に言えば、これよりも明らかに安い金額の場合、グランド工房さんのようにブロックの下にきちんと基礎をつくっていない、土間コンクリートの下にメッシュ筋が入っていない、コンクリートの厚みが薄いなど施工上良くないことがあるかもしれませんので、きちんと確認するようにしましょう。(ハウスメーカーの提携業者ではまずありえないでしょうが自分で直接外構業者と契約する場合は特に注意してください)

『まとめ』

今回は外構工事について、検討を出来るだけ早く開始した方が良いことや施工単価について紹介しました。

うちは外構の最終仕様を決める段階になっていますので、最後の価格交渉も待ち構えています。

グランド工房さんのようにインターネット上で施工単価を開示してくれているお陰で交渉がしやすいと思っています。

ただ、自分がやってきた中では提携業者で競わせておけば提携外で契約しなくてもそこそこ価格は抑えられそうな気がします。(当然我慢も必要ですが・・・ww)

それではまたM(_ _)m

スポンサーリンク

最後にポチっと押していただけると今後の励みになります(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です