ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について②

こんばんは。atoです。

今日もZEHについて書きます。

スポンサーリンク

『ZEHの補助制度について』

前回はZEHの目的などについて書きましたので今回はZEHの対象件数や補助金額などなどについて簡単に書いていきます。

≪前回の記事≫

ZEH(ゼッチ)について

まずは、ZEHには補助金があり、平成29年度では75万円となっています。ZEHの補助を受けるにはハウスメーカー(昨日言った5,566社のZEHビルダー)から申請し、許可をもらう必要があります。因みに、年度の補助件数は約9,700件を想定されています。単純に計算すると・・・総額は72億7500万円!!!すごいですね(^^;

また、ZEHの申請は1次~8次に分けられており、4次公募の申請を受け付け中で、7月末頃には2次公募の審査が完了し採択されています。詳しくは下の表を確認してください。(一般社団法人環境共創イニシアチブHPをより引用)

スポンサーリンク

これを見てわかる通り、細かく分けられていますので申請のスケジュールは非常にタイトになっています。これを見て驚いたのが、申請件数に対する採択件数の多さです。1次、2次共にほぼ100%となっています。但し、おそらく公募が後になればなるほど採択可能件数が少なくなりますので落選?する人も増えてくると思います。そう考えると早めに申請した方がトクでしょうね(^^♪

因みにato宅は2次公募で30日に無事採択の通知が届きました!!!

ZEHは昨年までは125万円と今年度よりも条件は良かったのですが、75万円でもありがたいので、ZEH申請ができる家(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を建てられる予定の人は是非検討してみてください。うちも引っ越し後の家具、家電代くらいにはなりそうです( ◠‿◠ )

それではまたm(_ _)m

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です