一条工務店i-smartのフローリング・・・選ぶならこれ???

こんばんは。atoです。

今回は一条工務店のi-smartのフローリングについて、標準やオプションを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

≪おススメ記事≫

一条工務店のi-smartを建てるときの坪単価と建築費用

『最も安価に家を建てられる間取り』と『得する間取り』

一条工務店i-smartでロフトを採用するときに注意すべき点

『i-smartのフローリング』

まずは、一条工務店のi-smartの仕様確認ノートに載っているフローリングについて紹介したいと思います。

仕様確認ノートのフローリングのページがこちらです。

大きく分けると『EBコートフローリング』、『高耐久フローリング』『銘木突板フローリング』、『無垢材挽き板フローリング』にわけられます。

『EBコート』※標準

まずは『EBコートフローリング』についてですが、一条工務店の展示場でよく使われているものです。

傷にも強いと言われていますが、特別強いということは無さそうです。

『高耐久フローリング』※標準

次に『高耐久フローリング』ですが、色々な方の情報から『朝日ウッドテックのライブナチュラルシリーズ』だそうです。

仕様確認ノートにも書かれていますが、『ピュアハード塗装』というのは朝日ウッドテックの塗装技術だそうです。

採用された方のInstagramを見てもお手入れの仕方として朝日ウッドテックの説明書があったそうですので間違いないと思います。

ただし、一条工務店も朝日ウッドテックも公にはしていないようですので、誰も確定は出来ないようです(;^ω^)

朝日ウッドテックHPはこちら

ライブナチュラルシリーズは下の図のように分かれているそうで、そのうちの一部が高耐久フローリングとなっているようですが、色の呼び方や実際の色が若干違うようにも思えます。

何と言っても標準でメーカー品のフローリングを採用できることは魅力的だと思います。

因みに意外と朝日ウッドテックのライブナチュラルシリーズということは知られていないようです。

『銘木突板フローリング』※オプション

この写真のように朝日ウッドテックのライブナチュラルシリーズには10種類あり、そのうちの『ブラックウォールナット』とライブナチュラルリミテッドシリーズの『チーク』『カリン』『サペリ』が『銘木突板フローリング』としてラインナップされています。

費用としては約8,000円/坪となっています。

※金額については最近の価格改定により若干の変更があるかもしれません

このフローリングに森のしずくなどのコーティングを採用されている方が多いように感じます。

2階建ての場合、1階と2階でフローリングを張り分けることは可能ですので、オプションフローリングを採用した場合でも、延床面積の約半分程度ですみますが、平屋の場合はり分けることは出来ないようです。(稟議でも難しそう)

スポンサーリンク

『無垢材挽き板フローリング』※オプション

これは皆さんご存知だと思いますが、『ライブナチュラルプレミアム』シリーズです。

普通のライブナチュラルシリーズとの違いは木の厚さが違うことから、溝の切り方が異なることと、塗装が全くの別物となっています。

ライブナチュラルシリーズのピュアハード塗装はつやのある感じですが、ライブナチュラルプレミアムのナチュラル塗装はつやが無く、『無垢感』万歳です!!!

誰もが一度は採用を故見るのですが、何と言ってもお値段が・・・( ̄▽ ̄)

最も高いブラックウォールナットだと100万円ほどになってしまいます(笑)

・・・ただ、最高の感じです!!!

また、2017年の夏ころに発売されたライブナチュラルプレミアムのRUSTICも一条工務店のオプションとして採用できるようになっています。

RUSTICは節などが含まれていることでより自然な味をだしているので、かなりオシャレになります。

朝日ウッドテックの低下としては、節などが含まれていることから通常のライブナチュラルプレミアムより若干安く設定されていますが、一条工務店で採用する場合は取扱量の違いからRUSTICは通常のライブナチュラルプレミアムと同等か若干高いようです。

最近は違うかもしれませんが、採用は出来るけど稟議案件となります。

『採用したいフローリング』※オプション

ここで、採用したいフローリングとして書きたいのがライブナチュラルシリーズの『ライブナチュラルプラス』というフローリングです。

これもRUSTICと同じく2017年夏ころの新商品となっているのですが、何が良いかというと、ライブナチュラルシリーズなのにナチュラル塗装なのです。

プレミアムに比べて無垢部分の厚さは薄いですが、はだしで歩いた感じは良いです!!!

そして、金額はライブナチュラルとプレミアムの間といったところです。(2万円/坪程度)

当然稟議ですが・・・

『まとめ』

今回は一条工務店のi-smartで採用できるフローリングについて紹介しました。

費用もいろいろですがフローリング一つで家の印象が大きく変わりますので、納得ができるように検討してください。

個人的には高耐久フローリングはかなりお得で、ライブナチュラルプラスも金額的に魅力的だと思います。

今後取扱量が増えると金額も抑えられるかもしれませんのでこうご期待(;´∀`)

それではまたm(_ _)m

スポンサーリンク