一条工務店のi-smartを建てるときの坪単価と建築費用

こんばんは。atoです。

今回はうちが建てている一条工務店のi-smartを建てるときの金額について紹介したいと思いますので、一条工務店で検討中の方は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

『i-smartの坪単価』

一条工務店は過去の投稿でも書きましたが、標準であれば坪単価と家の広さだけで建築費用が決まってきます。(壁の面積が増えても金額は増えません)

≪過去の記事≫

『最も安価に家を建てられる間取り』と『得する間取り』

早速ですが、うちが契約した時点でのi-smart平屋の坪単価は約64万円/坪でした。

平均的な家の大きさ(地域によっても異なりますが)の30坪でi-smartの平屋を建てると1,920万円となります。

この坪単価は平屋の場合ですので、2階建てだと2万円/坪ほど安くなるようです。(実際に2階建ての見積もりを取らなかったので色々な人の情報をまとめるとってことです)

あくまでもこの金額は『標準だけで』という条件付きです。

 

『オプションとして掛かる費用』

まずは標準で含まれていない『カップボード』の費用が掛かります。一条工務店オリジナルの場合25万円掛かります。

次にかかる可能性が高い『ベタ基礎代』です。最近ではベタ基礎を標準としているハウスメーカーは多いですが、一条工務店は布基礎が標準ですので、地盤調査の結果次第でベタ基礎台が掛かってきます。2階建てだと40万円、ひらやだと70万円考えておけば足りると思います。(40坪を超えるような豪邸の場合はそれ以上かかるかもしれません)

この他に、オシャレな家にするためにオプションクロスやエコカラット費用として10万円見ておきましょう。

LEDキャンペーンを含めた電気工事費用が30万円

ハイドロテクトタイル代として30万円(少し前に8,000円/坪から上がったようです)

トイレをPanasonicのアラウーノSⅡにする費用として5万円

ホスクリーン追加費用として2万円

と、計167万円がオプション費用として掛かります。

また、ZEH申請する場合は別途30万円程度が申請費用+エアコン代として掛かってきます。

スポンサーリンク

一条工務店HP

『その他費用』

次にその他の費用ですが、外構やテレビアンテナ工事などが含まれます。

外構工事は家の大きさにもよりますが200万円を入れておきます。正直、大きい土地だと300万円はかくごしておいたほうが良いです。

また、給排水工事として150万円ほど掛かります。

その他火災保険料や地震保険料、インテリア代やテレビアンテナ工事費用として100万円見ておきます。

その他設計費用などの預かり金として80万円がかかりますので、そのたひようの計としては430万円となります。

これ以外に当然ですが土地の購入費用が掛かりますが、土地については地域制で大きく変わりますので今回は土地の費用を除いて考えています。

また、太陽光発電についても夢発電で設置可能ですので今回は外しています。

『建築費用まとめ(土地代、太陽光除く)』

建物工事    : 1,920万円

オプション費用 : 167万円

その他費用   : 430万円

計(税抜)   : 2,517万円

計(税込)   : 2,718万円

が30坪のi-smartを建てるときには必要になります。ここで記載している金額は最低限ですので、オプション次第で数百万円ずれてきます。

『まとめ』

今回は一条工務店のi-smartで平屋を建てるときの費用について紹介しました。

・・・が、何度も言いますがこれは最低限の金額ですので土地抜きで30坪の平屋だと3,000万円と考えておけば良いかもしれません。

i-smartはどんどん高くなっているという情報もありますので、購入のタイミングは十分に検討されてください。

それではまたm(_ _)m

スポンサーリンク

最後にポチっと押していただけると今後の励みになります(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村