土地選び基礎の話・・・

こんばんは。atoです。

前回までまどりをについて書いてきましたが、一旦脱線して土地選びと基礎の話をしたと思います。

スポンサーリンク

みなさん土地はどのように探していますか?

・・・分譲地という答えが最も多く、それ以外には建て替えや、土地だけを別途探しているなどがあるのではないでしょうか?

ここで、分譲地以外で注意すべきことは地盤の丈夫さです。地盤が軟弱だと余計なお金が飛んでいってしまいます。

地盤の丈夫さは「スウェーデン式サウンディング試験」で確認することがほとんどだと思います。スウェーデン式サウンディング試験とは簡単に説明すると、

一定加重を掛けたヤリを回転させながら地面に刺し、どこまで刺さっていくかを計る試験です。詳しく知りたい方はインターネットで検索してみてください。

この試験結果により地盤の丈夫さがわかり、基礎に求める強度が決まってきます。

基礎に求める強度ごとに基礎はことなり、主に以下のものがあります。

・布基礎(かなり丈夫な地盤)

・ベタ基礎(ある程度丈夫な地盤←これが多い)

・深基礎(土地の高低差がある場合などに採用されるため、試験結果とは少し違うかも)

・地盤改良(弱い地盤)

・杭基礎(かなり弱い地盤)

スポンサーリンク

布基礎になればラッキーですが、ほとんどのハウスメーカーはベタ基礎を標準にしているので、採用はされないかもしれません。

ここで注目すべきは「地盤改良」、「杭基礎」です。これになってしまうと深さにもよりますが、2階建てで60~100万超え、平屋だとほぼ確実に100万超えになってしまいます。

例えば、迷っている土地があって、安い方に決めた後にこれがわかったらどう思いますか?多くの人は「あっちの土地の方が良かったかもしれない」と後悔してしまうのではないでしょうか?

基礎は家を支える一番下の部分ですので非常に重要です。地盤が弱ければ対策を打つ必要がありますが、後悔しない土地選びをするために「必ず地盤調査を事前に実施してください。

ハウスメーカーが対応してくれるはずです。してくれないところは選ばない気持ちでも良いかもしれません。

後悔しない土地選びをしてください。

それではまたm(_ _)m

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です